最速で結婚するための心構え

世間から自分は、どう思われているのか?

日本人は「世間体」を気にしがちと昔から言われています。

世間体を気にしすぎて自分がやりたいことをやれないのは、もったいないと思いますが、

世間体を気にしなさすぎると、いつまでたっても結婚できないと言う、どつぼに陥る可能性も実はあるのです。

 

 

最速で結婚するための心構え

ここでは、最速で結婚するための心構えとして、

自分は世間からどう思われているか=「客観的に見て自分は他人にどんな印象を残しているか」

これについて考えてみたほうがよさそうです。

具体的に説明させていただきますね。

 

私の知り合いで40過ぎて独身の女性がいます。

彼女と話をしていて、彼女が放った言葉に、私は耳を疑いました。

 

「私の友達ってみんな40過ぎて結婚していない、

とってもユニークな人が多いのよ〜〜!(自分も含めて)」

 

 

以下は、その言葉を聞いた私の心の叫びです。

 

えっ!

今、ユニークって言った?

それは、ユニークじゃなくて、

「いき遅れ」と言うのでは?

あなたはそう思っていても、世間の人は40過ぎて結婚していない女性を

「ユニーク」とは思っていないと思う…

 

私は心の中で、思いっきり叫んでしまいました。

私の顔は多少ひきつっていたかもしれません(笑

彼女と話していて私が感じた事は、

「自分が他人からどう思われているか」

の意識が欠落している!

ということです。

 

その結果、世間様や他人が自分をどう思っているかについて全く無頓着で、40過ぎても結婚をあせらず、婚活も積極的にせず、独身のままなのです。

彼女がもう少し、

「40過ぎて独身なんて恥ずかしい。自分の親だって、親戚や近所の人から変な目で見られてしまう」

このような意識を、少しでも持っていれば、今頃すでに結婚できていたかもしれません。

 

客観性がある人は、オシャレ

またもう1点大切なポイントがあります。

女性があまり客観性(自分がどう見られているか)を持っていないと、

それは自然に外見にも表れてきてしまうのです。

 

女性が(男性もそうですが)おしゃれをする際に、

「他人にステキと思われたい」

「好きな男性にかわいいと思われたい」

「世間的に育ちの良いお嬢様風に見られたい」

このように客観性を持っておしゃれした場合と

何も考えないで、適当に安い服や着心地の良い服だけを選んで、着た場合には、おしゃれの仕上がり具合も、雲泥の差になります。

 

特に婚活の「お見合い」の場では、この客観性があるかないかで、

お見合いが成功するかどうかも決まるほどです。

相手の男性から見て、自分がどのように見えるのか?

または、自分がどのように見られたいのか?

これを想像してみるのです。

そのためには「客観性」が必要になります。

それによって、服装やお化粧、立ち居振る舞いも、全て変わってくるのです。

もちろん、いつでもどこでもおしゃれに、芸能人のようにしている必要はありません。

 

しかし、ここぞと言う時(お見合いの時など)には、大げさに言えば一世一代の舞台なのですから、

自分がどう見られたいかのコンセプトをしっかり持って、

そのコンセプトに沿って自分を演出する力が必要なのです。

それは、何も難しいことではありません。

 

例えば、自分が品の良いお嬢様に見られたいならば、テレビに出てくるお嬢様風の女優さんの立ち居振る舞いを真似してみるのも1つの方法です。

そしてファッション雑誌を読んで、お嬢様風の格好をするのも大切です。

男性ウケが良いコンセプトを設定して、それに沿って自分が演技をするつもりぐらいでちょうど良いかもしれません。

慣れてしまえば、結構楽しいですし、本当にそれが自分の1部として身についてきます。

ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

 

 

女性が持っているすごいパワー

結局「自分を客観的に見れる人」は、イコール「自己演出が上手な人」になると思います。

自己演出が上手な人は、もちろん婚活の場でも、成功する確率が高くなりますし、それ以外にも会社でもウケが良くなることが確実です。

結婚後も、お相手のご両親や親戚に対して、良い印象を残せることでしょう。

 

人間ですからいつもいつもニコニコばかりはしていられませんが、ここぞと言う時には

「自己演出をして、最高の自分を見せる」

と言う意識を持つことが、特に女性にとっては大切だと思うのです。

なぜ特に女性にとって大切かといいますと、女性は、みんな生まれつき不思議なパワーを持っていて、

女性次第で、周りの人たちを幸せにできる能力が備わっているからです。

女性が自分自身を客観的に見て、自己演出し、

「精神的にも外見的にも良い状態の自分」

を周りに見せることができれば、

女性自身も幸せですし、何より周りの人たちも自然と幸せになれるのですよ。(^^)

 

もともとの外見とか、学歴やそれ以外のスペックは関係ありません。

女性自身が、自分を精神的&外見的に良い状態に仕上げて、良い気分でいればいいのです。

そうすると驚くほど、物事や人間関係がスムーズに進みます。

これを婚活に取り入れない手は、ありません。

これは、本当に私自身も実感したことなので、ぜひ試してみてくださいね。

 

まとめ

「いまいち自分の客観性に自信がない」

という方は、結婚相談所を利用するのも1つの方法です。

なぜなら、結婚相談所では、結婚相談員やアドバイザーさんが、

客観的に

あなたの印象が良くなるように、アドバイスをしてくれるからです。

その際には自分からどんどんアドバイザーさんに、

「自分は、どこをどうしたらもっと印象良く見えるか?」

について質問することも大切です。

 

受け身だと、教えてくれないでそのまま男性だけを紹介される場合もあります。

また結婚相談所によっては、非常に細かくダメ出し?をしてくれるところもあるようです。

自分のことを客観的に教えてくださる存在は、実はとてもありがたいものです。

大げさに言えば、一生の財産になるぐらいだと思います。

その一例として、私事で恐縮ですが、私は学生の時に就職活動をサポートしてくれる学校に通っていました。

そこでは厳しく外見のダメ出しも受けました。

 

例えば、

「あなた、ヘアスタイルを整える時、何を使っているの?

そのままだと髪質がよく見えないから、もっと自分に合うシャンプーやコンディショナー、を使ったほうがいいわよ。

そして髪の分け目が白く見えると、年齢より老けて見えるから、そこもマスカラなどで黒く塗らないとだめよ」

などと、誰も言ってくれないような細かいダメ出しを先生がしてくださいました。

何十人もの生徒の前でそれを言われて、言われた後には激しく落ち込みましたが、今思えば感謝しています。

そんな細かいことまで、いくらお金を払っているとは言え、言ってくれる人などいませんし、そのアドバイスを私は今でも時々思い出しては、自分のヘアスタイルを整えるときの参考にしています。

 

あの先生のアドバイスによって、

「あー、私の弱点は髪質だな。自分の髪質がバサバサに見えないように、髪に良い食べ物(ひじきなど)をよくとって、スタイリングする時も、乾燥防ぐオイルを使おう」

と、客観的に考えて自分に合うものを選べるようになりました。

その結果、美容師さんに、

「良い髪質ですね」と言われることもあります。

 

話がそれてしまいましたが、私が言いたい事は

自分が一生かかっても気づかないことを、他人(先生やアドバイザー)は、指摘してくれるのです。

それによって、自分の女性としての印象がアップするなら、何事にも変えがたいと思いませんか?

良い印象の女性は、男性にとっては手放したくないものなのです。

少しでも結婚相談所に興味が湧いてきた方は、まずは資料請求してみてはいかがでしょう。

結婚相談所といっても千差万別です。

どんな結婚相談所があるのか、比較してみるのも良いでしょう。

 


あなたも結婚して幸せを掴みませんか?

誘導バナー

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ