親が「結婚しないのか?」とうるさい理由は?

30代の独身女性にとって、お盆とお正月はちょっと憂鬱なイベントです。

なぜなら、お盆やお正月に集まった親戚たちから、または親戚の家に自分が伺った時など、必ず聞かれる質問が、

「結婚しないの?」

だからです。

 

「やっぱり出たー!その質問(汗)」

と、心の中で苦笑いしつつも、表面上は笑顔でごまかしてなんとか答えなければなりません。

そして、とどめを刺すように自分の親からも一言。

 

「そうなのよー。いつまでも結婚しなくて本当に困っちゃうのよ〜」

 

自分の親や親戚から、吊るし上げられ(大げさ)まるで、独身者は犯罪者かのような口ぶりです。

ほんとにあの責められるような雰囲気は嫌なものです。

 

 

憂鬱なイベントも逆にチャンス!

しかし、みんなから(親や親戚たちから)「なぜ結婚しないのか?」と責められても、

逆に考えると、このような場はあなたにとってチャンスなのです!

 

親戚のおじさんやおばさんから

「〇〇ちゃん(あなたのこと)は、何歳になったの?」

などと、聞かれたら、ただ素直に、

「今年で32歳です」

などと、答えるだけではいけません!

 

そんなふうに答えていると、必ずと言っていいほど

「あら、結婚はまだしないの?」

と、ツッコミを入れられます。

そして上でも述べたように、自分の親が、重ねて

「そうなのよ、早く結婚して欲しいのに…」

と、愚痴を言ってくる事は、ほぼ間違いありません。

 

そうするとあなたはもう、立場がありませんよね。

「は、はぁ…(汗)」

などと言葉を濁して、黙り込み、非常に居づらい雰囲気の中で、さらなる拷問(質問)を受け続けなければなりません。

それを回避するためにも、親戚のおじさんやおばさんが、あなた自身のことに話を向けてきたら、すかさず

 

「今年でもう32歳にもなるのに、まだ結婚相手もいなくて…

困っているので、誰か紹介してください!」

 

と、自分から言ってしまうのです。

そうすると、うまくいけば本当に誰かいい人を紹介してもらえるかもしれません。

 

実際に私のいとこ(女性、当時28歳)は、親戚たちが集まった法事の席で、ひとりひとり近況を皆の前で発表した際、

「今年で28歳になりました。いいかげん早く結婚しないと!と思っています。だれか紹介してください!」

とスラスラしゃべり、その場を切り抜けていました。

 

結局うるさめの親戚の方々もなにも言えずじまいでした。(結局そのいとこは、自分で相手を探して結婚しました)

親戚のおじさんやおばさんたちは、よくも悪くもお節介なので、あなたが本当に結婚相手を真剣に探しているなら、ツテを頼って誰か探してくれるものですよ。

そして、あなたが「私も結婚したいのです」と言う姿勢を見せれば、それ以上責めるようなことも言われなくなります。

 

 

親がうるさいのは当たり前⁉

親が「結婚しないのか?」とうるさく言うのも、当然と言えば当然の事かもしれません。

なぜなら、どうしたって親は子供よりも先に死んでしまう可能性が非常に高いので、子供が将来結婚せずに独身だったら、とても心配だからです。

 

一般的に親は、

「子供が結婚するまで、きちんと育て上げなければならない」

「結婚させるのも親の責任」

と、思っているので自分の子供が結婚していないと、それは

 

「自分の育て方が悪かったのか」

 

と、思ってしまう場合もあるのです。

「そんなの大きなお世話だよ!」

と思うかもしれませんが、実際そう言っていられるのはせいぜい30代後半までのようですよ。

40代に突入してくると、親自身が諦めて何も言わなくなったり、もしくはご両親が他界する場合もあります。

「親がうるさい」と言っていられるのも、今のうちだけなのです。

 

 

まとめ

ベテランの仲人さんに話を聞いてみると、

親が自分の子供の結婚にうるさい人ほど、その子供の結婚が早く決まるそうです。

逆に、心の中では自分の子供の結婚を心配しつつも、あまりうるさく言わず、お見合いの話も探してこない親の子供ほど、婚期が遅れている場合もあります。

 

一概には、

「子供の結婚は親次第」

とは言い切れない部分もありますが、少なくとも、上のような傾向を頭に入れておいてほうがよさそうです。

 

私自身も、自分の親が結婚にうるさい方だったので、お見合いを探してくれたり、婚活パーティーも申し込んでくれたおかげで、無事に結婚できました。

やはり親は自分の娘の「売り時」をよくわかっていて、なるべく「売り手市場」の時に、結婚させたいと願っているのです

それが結果としては、良い条件のお相手を見つけることにつながるからです。

 

もちろん、良い条件のお相手と結婚できたからといってそれが、=幸せとは限りませんが、親心としては、なるべく条件の良い人と結婚してほしいと思うのは当然です。

私も、自分の親が何もしてくれないままだったら、かなり婚期が遅れていたか、未だに結婚できなかったかもしれません。

今度親が、「まだ結婚しないのか?」と聞いてきたら、素直に

「誰かいい人いないかな?」

と言ってあげてくださいね。

結婚への道が開けていくはずですよ。

 


あなたも結婚して幸せを掴みませんか?

誘導バナー

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ