自分では気づかない「理想が高い!」と思われる条件は?

あなたは今までに、誰かから「理想高いね!」と言われたことがありませんか?

「自分ではそんなに理想が高いとは思わないのに…」

にもかかわらず、「理想が高いね」と言われたことが1度ならず、何度か言われている方は要注意かもしれませんよ!

※逆に今までに友達などから

「理想のタイプが、変わっているね」

「普通の人と理想のタイプがヅレているね」

などと言われたことのある人の方が実は結婚できる可能性が高いです。(あくまでも今までの私の観察に基づく意見ですが)

 

「お高い」イメージを醸し出していませんか?

どんな男性でもオッケーとばかりに「お安い」イメージを醸し出している女性も、もちろんいただけませんが、30代になっても

お高くとまっている女性

ほど、男性に敬遠されるタイプも他にないかもしれません。

20代でお高くとまっているのと、30代でお高くとまっているのでは、男性が受けるイメージがかなり違うからです。

20代でお高くとまっていても、20代ならではの

「匂い立つような若々しさ&初々しさ&生命力」

がありますし、同時に若さ故の「未熟さ」もあります。

未熟さゆえに、女性が少し勘違いして、お高くとまっていても、男性も許してくれる、または受け入れてくれる場合も多いようです。

例えば、

「この女性は、少しお高くとまっているけど、若いし、初々しさもあるし、きれいだから、許せる。俺と付き合ったら、こんなお高くとまっているところも直してやるぞ」

こんな風に思う男性だっているでしょう。

しかし、だんだんとトウがたってきた30代女性が、同じようにお高くとまっていたら、男性が受ける印象はだいぶ違ってきます。

「なんだかお高くとまっていて、理想が高そうだな。俺なんて全然相手にされなそうだな。全然相手にされないで傷つくんだったら、寛容な30代の優しそうな女性か、若い20代女性の方がいいな」

このように思う男性だっているでしょう。

男性というのは、自分を受け入れてくれそうな人に、好意を持つようですよ。

お高くとまっている感じの30代女性だと、それだけでかなり近寄り難くなってしまうのかもしれません。

 

お高くとまっている女性とは?

具体的に言えば、

  • 自分より学歴が上の男性しか相手にしない(自分が大卒だったら、自分よりランクが上の大学卒の男性か、大学院卒の男性しか相手にしない)

 

  • 服やバックはとりあえず、ブランド品や質の良いものしか身に付けない(メイドインチャイナは論外、また日本の店でも、◯ニクロ、し◯むら、等の安売りの店などは行ったこともないし、買うつもりもない)

 

  • 相手の男性の会社は誰でも知っているような大企業でなければイヤ。もしくは公務員希望

 

  • ラーメン屋や、牛丼屋、居酒屋等は行ったことがないし、行きたいとは思わない。(ラーメン屋や牛丼屋などは、自分には雰囲気があっていないと思うし、ざわざわしすぎていて落ち着かない。自分にはおしゃれなイタリアンレストランか、フランス料理店があっていると思う。そういうところに行ったらまず食事の前の1杯は必ずシャンパン。男性と行く場合にはもちろんおごってもらいたい)

 

※これはあくまで一例なので、このような考えが「良くない」わけではありませんので、誤解なきようおねがいいたします。(一般男性を遠ざけてしまいがちな考えという意味)

 

たとえば、うえのような条件を当てはめていませんか?

実は私も20代前半の頃は、上に書いたようなことをそっくりそのまま考えていました。>_<

しかし、20代前半だったせいか、そんな(自分のことは棚にあげた)考えでも、結婚できました。(物好きな男性がいるものです)

ちなみに、結婚した後は、上のような考え方のままでは、結婚生活を送るのが大変に困難になりましたが(汗)

なぜなら、結婚生活とは、あくまでも現実の生活ですから、いつもいつもフランス料理やイタリアンレストランに連れて行ってもらえるはずがありません。

安いラーメン屋さんや牛丼屋に行くことの方が多かったです。(いくら相手の男性がちゃんと給料をもらってきてくれても、子供も生まれるし将来のことを考えて、貯金だってしなければならないのです。そんな贅沢ばかりできないのです。あくまでもセレブや芸能人では無いのですし、一般庶民ですから)

そして大体は、女性は結婚したら誰かを「世話する」立場になるので、結婚前のように自分の理想や自分の希望ばかりを通せる状況ではなくなってきます。

そして結婚前と同じような、自分の希望ばかり通す考えでは、すぐに夫と喧嘩になり、衝突してばかりでした。

そうすると喧嘩するのにもだんだんと疲れてきて、自然に自分の考えも変わってきました。(変わらざるをえない)

そして結婚して何年か経って、やっと地に足がついた、まともな?考え方になってきたような気がします。

今思えば、お高くとまった、理想を抱かないで、最初から地に足のついた考え方をしていればよかったと思う時もあります。(そうすればこんなに回り道して、もがかなくても済んだのに)

 

「私って、どんだけ勘違い女だったんだろう?まぁ20代だったし若かったからしょうがないか…(いいわけ)

それにしてもあのまま独身で40代になっていたら…」

 

もしそうなっていたら、身の毛もよだつ!?お話になってしまいます。

私の経験談を述べさせていただきましたが、お役に立てば幸いです。

 

まとめ

30代で、20代の頃と同じような理想を抱いていると「かなり危険」だと思います。

まず、理想が高すぎると、

なかなか自分の理想に合う男性に出会えない(というか、そんな人まだ残っている?)

そんな男性がいたとしても、もっと若い女性に奪われる

お高くとまっている雰囲気を男性が察して男性に選んでもらえない・男性に敬遠されがち

そうすると自分に自信がなくなる・自分はもう男性に相手にされないのだと思い込む(実はそんなことはないのに)

男性に会うことが怖くなって、婚活もしたくなくなる

このような悪循環にハマってしまう可能性もあります。

いちど、自分が持っている理想の考えはすべてリセットして、深く考えすぎずに(相手の男性の条件などもあまり選ばずに)お見合いしてみてはいかがでしょうか?(練習だと思って)

意外に自分の理想とかけ離れた相手でも、相手の男性の魅力に惹かれて、

「好きになったから、相手の条件など全然気にならない」と言う状態になることもあり得ますよ。

生物学的に女性は、もともと誰かを

「愛したい」

願望が強いといいます。

いちど相手を「愛して」しまえば、一途なのが女性の良いところです。

おそらくあなたは、自分で考えるよりも、条件にとらわれすぎずに、人を愛せる能力や寛容さや優しさが潜在的にあるのではないでしょうか?

それがもともと女性に備わっている能力だからです。

今まで自分が持っていた相手の男性に対する条件を緩めて、一度お見合いしてみたり、婚活パーティーに参加するなど、してみてはいかがでしょうか?

今までとは違った結果が(男性からの反応)が得られるかもしれませんよ。

ちなみにその際には

  • 可愛らしい外見
  • 優しそうな雰囲気(あくまでも優しそうでオッケー)

これを意識してみてくださいね。


あなたも結婚して幸せを掴みませんか?

誘導バナー

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ